本文へ移動

園ブログ

雨の幼稚園

2020-06-19
ようやく梅雨らしい天気になってきました。しかも昨日までの暑さと違い寒いですね…。
今朝の幼稚園の様子です。
このように園庭は水たまりです!
雨の日は室内保育になります。感染予防と湿気や暑さによる熱中症予防の両立のため、水分補給と換気を実施していきます。
 
 

カブトムシの蛹

2020-06-17
園でカブトムシの幼虫を育てていました。
ちょうどケースの見やすい位置で蛹になりました。
昨日まで幼虫だったのが、一晩で蛹になりビックリです!
来園された際は、ご覧ください。
 

園庭のクヌギ

2020-06-16
園庭に大きなクヌギの木があります。
前園長が三ッ池公園遠足の時に、落ちていたドングリを拾って鉢で育てました。
芽が出て大きくなるたびに、鉢を大きいものへ植え替えました。
今では見上げるほど大きく成長しました!
10月から11月になると、ドングリが落ちてきます。
子どもたちが自由遊びの時に拾って集めています。

開園して半月

2020-06-15
6月から開園して半月が過ぎました。
子どもたちも少しずつ園生活に慣れてきたように感じます。
午前保育で短い限られた時間ですが、子どもたちは一生懸命、先生やお友だちと遊んでいます。
この半月の遊びで目立つのが、カエルやダンゴムシを捕まえたり、落ちた枇杷の種を集めたり、キツツキの巣穴を覗いたり、砂遊びなどなど…。
これから厳しい暑い夏がやってきます。感染予防と並行して、子どもたちの熱中症予防のため水分補給の大切さを指導していきます。
 
 

続・当園のカエルたち

2020-06-12
昨日は雨が降り、池の周りの花壇にカエルが出てきました。
子どもたちがカエルを捕まえては飼育ケースに入れていました。
ヒキガエルは世界各国に分布していて、日本の個体は、ニホンヒキガエル、アズマヒキガエル、ナガレヒキガエル、ミヤコヒキガエルの4種です。
このうち東日本に生息するヒキガエルは、アズマヒキガエルが主なようで、当園のカエルもこの種になります。
ネットで調べてみると、個人で飼育されている人も多いようです。
アズマヒキガエルは、約2,500個から8,000個産卵し、寿命は、平均10年前後のようです。
子どもたと調べると面白いですね!
 
 
樽町白梅幼稚園
〒222-0001
神奈川県横浜市港北区樽町1-18-12
TEL.045-541-2998
FAX.045-546-0726
1.幼児教育
TOPへ戻る